人生のバイオリズム 運気の上昇と下降


ダイエット方法 ネタ本


HOME > メンタルケア > メンタルケア メンタルタフネスの方法 > 人生のバイオリズム 運気の上昇と下降

人生のバイオリズム 運気の上昇と下降

占い関係の本を読むと、人生にはバイオリズムというモノがあるようです。

「何をやっても上手くいく!」「俺は最強ダァ!」という時期もあれば、「何をやっても空回り」「やること為すこと裏目に出る」「もーやってられん」という時期もあります。

私は占いについて、全くの素人であり、「雑誌などで見かけたら、とりあえず読んでみる」という程度です。

しかし、ここまで不信心(?)な私でも、今までの人生を振り返ったとき、自分の運気が高まっている時期と落ちこんでいる時期が、ハッキリと区別できるんですよね。

運気はめぐる バッドデイ(´・ω・`)グッドデイ(`・ω・´)

この文章を書いている年月日は2006年7月2日(日)です。(サザンのCDを聞きながら、文章を打ってます。夏ですね。←関係ない(笑)

この年、ダニエル・パウターの「バッド・デイ〜ついてない日の応援歌(YouTube)」が流行ったわけですが、同曲のプロモーションの際、彼自身も「人生には自分の力を超えた運命の上昇気流、下降気流がある」と語っています。

曰く「人生は円であり、上に上る事もあれば、下に下がることもある。今、ボクは人生が上向いているけれど、いつ下がるかわからない。それと同じで、もしも、あなたの現在が『バッド・デイ』だとしても、良くなるときが必ず来ると思うよ。」とのこと。

人の力を超えた、運命の流れ

また、私の知り合いに、複数の会社を経営している社長さん(64歳)がいるんですが、以前、同様の事を話してくれました。彼の場合は経営者らしく、株に例えていましたが…。「会社であれ、個人という人であれ、株の推移と同じように、変わりゆくもんだよ」ってね。

以上をまとめると、運気の上昇・下降は誰にでも起こるバイオリズムであり、力強い「流れ」ということです。この力強い流れは、当人の努力では変えられないほどのバワーを持っているということになります。

ギョギョ!?( ̄ロ ̄ll)当人の努力では変えられない運命の流れ!?

この話を聞いたとき「まぁ諦めろ」と同義かと思ったんですが、自分の運命を変える方法は、いくつかあるそうです。それは、「運気が上昇している時こそ、次の手を準備する」ということです。童話「アリとキリギリス」に似ていますが、運気が上昇している時には、たいがい何をやっても上手く行きます。その時、「これが俺の実力だ!」と慢心していると、いつか来るであろう運気の下降には、とても耐えられません。

自分の運気が強い時こそ、人を大切にし、お金は蓄え、勉強をして、生きる力を高めるべきといえます。そうすることで、寒い冬の時期を耐えぬくことがでるのです。

これとは反対に、もしも現在の運気が急下降しており、氷河期なみの厳しい状況にいるならば、過酷な運命の氷解を待ちつづけるしかありません。気持ちが落ち着くなら、自己啓発書を読んでも良いでしょう。運気が上がると言われる「家の掃除」をすることも、気分転換になるかもしれません。

そういう状況の時こそ、焦らず、余裕を失わないように、寒い向かい風をいなすしかないと思うのです。こういう時期の無茶な冒険心は身を滅ぼすので、一発逆転は狙わない方が良い、というのが私の考えです。

自分の心と体の状態に敏感でいよう!

あ…ちなみに、付け加えると、自分に災難がつづいて、冬の真っ只中にいる時というのは、往々にして、自分の置かれた状況に気づくのが遅くなる傾向があるようです。

心に圧し掛かったストレスに負けないよう、無理をして我慢を続けると、ある時うつ病になったり、体の不調に悩まされる可能性があります。私の経験では、寝ても疲れが抜けないというのはヤバイと思いますね。

小さな努力を積み重ね、自分の環境を切り開こう!

運気とは違い、職場環境や友人関係の悩みであれば、ただ耐えるのは賢明な判断ではありません。自分の体や心をメンテナンスし、自分の身辺を整えるようにしましょう。闘い所、守り所を見極め、チャンスを待つのも生きる知恵だと言えます。

なぜなら、運命のバイオリズムが下降しきった後には、素晴らしい上昇気流が背中を押してくれるのですから。

コンテンツ一覧

メンタルケア方法

メンタルケア用語

↑このページの上へ