ストレッチの効果


ダイエット方法 ネタ本


HOME > ダイエット運動 > ストレッチ(柔軟体操)の基礎知識 > ストレッチの効果

ストレッチの効果

ストレッチは運動選手に限らず、多くの人がやっています。モデルさん、役者さんなどいろいろです。病院のリハビリにもストレッチが行われています。このストレッチは、どのような効果があるのでしょう。

ストレッチの効果 気分転換♪

ストレッチは、ゆっく〜りと呼吸をしながら体を伸ばします。そして絶対に無理はしません。「根性見せろ!股割りダー!」みたいな感じではないです(^^;

ゆっくり呼吸をして、ストレッチをしていると、こころが落ち着いてきます。ストレスを感じたら、ストレッチをしてみましょう。リラックス効果で前向きになれますよ^^

ストレッチの効果 ケガの予防になる

運動不足になると体の動かす幅が少しずつ小さくなっていきます。つまり手や足など、関節の動く範囲が狭くなってしまうわけです(可動域の減少)。

これは靭帯や筋肉の伸縮性が失われている証拠です。あわてて走ったりすると肉離れになるかもしれません。また、足首の捻挫をしやすくなります。

ストレッチの効果 若さを保つ

年を重ねると、筋力が弱くなり、骨密度が低下します。多少の歩行でも疲労が強くなるので、なかなか外出しづらいようです。

これにあわせて問題となるのが、関節の可動領域の狭です。運動をしなくなると、関節を開いたり、閉じる動作が減ってきます。

そのため、どんどん体が硬くなり、体が老化してしまうんですよね。若さを保つためにも、ストレッチは、重要な役割を果たしていると言えます。

ストレッチの効果 血流を良くする

ストレッチはゆっくりと呼吸をしながら筋肉やスジを伸ばすものです。これにより酸素の供給が良くなり血液の流れが良くなります。血液の流れが良いと疲れが早く回復するし、冷え性の改善にもなります。

美容と健康には、血液の流れがとても大切です。ストレッチが血液を循環させるポンプの役目をするんですね^^

コンテンツ一覧

ストレッチの基本

ストレッチの方法

  1. 股関節と背中のストレッチ
  2. 股関節と太腿の側面・裏のストレッチ
  3. 簡単な前屈ストレッチ
  4. 肩と首のストレッチ
  5. 手、腕、肩のストレッチ
  6. 太ももの前面のストレッチ
  7. 前屈ストレッチ
  8. 太ももの前面ストレッチパート2
  9. 股関節の前部分のストレッチ
  10. 全身をひねるストレッチ
  11. 左右開脚ストレッチ
  12. 左右開脚ストレッチ2
  13. 前後開脚

↑このページの上へ