体の左右で柔軟性に違いがある場合のストレッチ・柔軟体操について


ダイエット方法 ネタ本


HOME > ダイエット運動 > ストレッチ(柔軟体操)の基礎知識 > 体の左右で柔軟性に違いがある場合のストレッチ方法

体の左右で柔軟性に違いがある場合のストレッチ・柔軟体操について

体の、特に「足」について、柔軟性の違いがあることに気づいた人はいらっしゃいますか?これに気がついた人は、相当、柔軟・ストレッチをやっている人だと思います。ひょっとすると、専門的に運動をやっている人かもしれませんね。

体の左右で、柔軟性に違いがあるのは体の使い方に「癖」があるからです。利き手、利き足の違いもありますし、骨盤のズレが、その原因かも知れません。

このような状態を、顕著に現わすのが、写真です。真っ直ぐに立っているつもりでも、肩が上がっていたり、首が左右のどちらかに曲がっていたら、骨が歪んでいる、体の使い方に癖があると思っていただいて間違いありません。

体の歪みを直したい!

体の歪みを直すには、いくつか方法があります。1つは、ストレッチ。もう1つは、整体です。

まず、整体については、あなたもご存知のとおり、整体院で骨をゴキゴキッ!とする整体方法です。最初のうちは、週に1・2回の通院になると思います。が、しばらくすると、2・3週間に1回の通院になるでしょう。

ただし、私見になりますが、骨を整えても、筋肉自体の歪みは取れていないので、筋肉の位置に骨は戻ってしまいます。そのため、簡単に歪みは取れないんですね。

ロルフィングで体の歪みを治す

この理論をもちいた整体が「ロルフィング」です。私も、このロルフィングに通院して、体調が大変良くなりました。値段は、1回1万円(全10回)と割高ですが、その価値は十分にあります。

最近は、ロルフィングを施せる施術士が増えたようで、もう少し安くなっているかもしれません。ちなみに、私が通ったのは東京の板橋です。

体の柔軟性を整えるストレッチ

体の柔軟性が異なる場合のストレッチについては、体の硬い方ではなく、柔軟性の高い方から始めてください。

かくいう私も、左右の柔軟性に違いがあるので、体の柔らかい左足からストレッチを始めます。

(例)左足が柔らかく、右足が硬い場合のストレッチ

ゆっくりと左足からストレッチを始め、バランス呼吸をする。そして、一息ついたら、右足のストレッチを始めましょう。右足が終わったら、バランス呼吸→左足→バランス呼吸→右足と続けます。

この一連の流れを、ゆ〜〜っくりとやってみてください。得意な方はもちろん、硬い足も、驚くほど柔らかくなりますよ^^

コンテンツ一覧

ストレッチの基本

ストレッチの方法

  1. 股関節と背中のストレッチ
  2. 股関節と太腿の側面・裏のストレッチ
  3. 簡単な前屈ストレッチ
  4. 肩と首のストレッチ
  5. 手、腕、肩のストレッチ
  6. 太ももの前面のストレッチ
  7. 前屈ストレッチ
  8. 太ももの前面ストレッチパート2
  9. 股関節の前部分のストレッチ
  10. 全身をひねるストレッチ
  11. 左右開脚ストレッチ
  12. 左右開脚ストレッチ2
  13. 前後開脚

↑このページの上へ