夜食べると、やっぱり太る (タンパク質「BMAL1」)


ダイエット方法 ネタ本


HOME > ダイエット食事 > ダイエットに役立つ食事方法 > 夜食べると、やっぱり太る (タンパク質「BMAL1」)

夜食べると、やっぱり太る (タンパク質「BMAL1」)

「夜遅くに、ご飯を食べると太るよ!」というダイエットの格言(!?)が日本大薬学部の榛葉 繁紀(しんば しげき)専任講師(衛生化学)らの研究で、科学的に明らかになりました(2005年9月9日-毎日新聞)。朝食を抜いて、昼と夜を、しっかり食べるダイエットは、やっぱりオススメできませーん。

キーワード … タンパク質「BMAL1」

BMAL1とは?

DNAに結合し、体内時計が正常に働くよう調節するタンパク質

特徴

・体内のタンパク質「BMAL1」の量は、時間によって増減する。

・昼間、このタンパク質は、ほとんど生成されない。
・午後3時、このタンパク質は、最も少ない。

・深夜になると、タンパク質が増加。
・特に、午後10時から午前2時ごろが一番多く、昼の約20倍の量になる。

・皮膚に、ほとんど脂肪は無い。
・皮膚の細胞に、タンパク質「BMAL1」は、ほとんど無い。

つまり、どーいう事なの??

タンパク質「BMAL1」は、脂肪の蓄積に大きく関係してるって事らしいよ。皮膚の細胞に、このタンパク質は、ほとんど無いんだけど、遺伝子操作をして、BMAL1を大量に作らせたら、なんと!皮膚なのに、脂肪の量が増えたらしい。

と、いうことは、タンパク質「BMAL1」の量が、体内に少ない時に、ご飯を食べるのが、肥満予防に良いって結論になるんだってさ。

夜の10時から、深夜2時は、タンパク質「BMAL1」が最も多い時間だから、この時間に食事をするのは、控えた方が良いみたいですよ!

ダイエット方法 ネタ本がお奨めする食事法

・食事の間隔を4時間〜4時間半、空ける。
・寝る前の4〜5時間は、ご飯を食べない。

詳しくは「1日に何食食べるのが理想なのか?-ダイエットの食事法」を見てくださいね。

タンパク質「BMAL1」と食事について

タンパク質「BMAL1」の量は、昼に少なく、夜に多い、という性格があります。このタンパク質の量が多いときに、脂肪を蓄積する働きがあるのですから、朝と昼に、ご飯を食べる方が「太りづらい」ということですよね。

また、時間によってタンパク質の量が増減するのですから、規則正しい生活をすることが、このダイエットの前提になっていると思います。

できるだけ、規則正しい生活をしましょう!

夜型人間のための食事方法

タンパク質「BMAL1」には、体内時計を調節する働きがある以上、夜型生活の人は、「BMAL1」の増減する時間がズレている可能性があります。

夜型さんは、夜中にご飯を食べるのが普通ですよね。夜の10時から2時の間に、ご飯を食べる事もあると思います。夜型さんが必ず太っているという訳ではないので、人それぞれ「BMAL1」の増減時間に差があるのでしょう。

私は、学者ではないので、そこらへんの詳しい事はわかりませんが、夜型さんの「BMAL1」について言及している文書があれば、更新しまーす。

これだけは守って〜!!

1日に何食食べるのが理想なのか?-ダイエットの食事法」にも紹介していますが、寝る前の食事は、避けましょう。ダイエット以前に、健康を害してしまいます。就寝前の4時間は、食べない方が良いですよ。

あと、お腹イッパイの状態で寝ると、寝起きが悪くなります。朝、スッキリ目覚めるためにも、寝る前のご飯は避けましょうね!

コンテンツ一覧

ダイエットに役立つ食事方法

栄養用語

↑このページの上へ