ダイエットの運動を、より効果的にする食事方法


ダイエット方法 ネタ本


HOME > ダイエット食事 > ダイエットに役立つ食事方法 > ダイエットの運動を、より効果的にする食事方法

ダイエットの運動を、より効果的にする食事方法

有酸素運動、ストレッチ、筋力トレーニングなどのエクササイズは、食事を工夫することで、より効果あるものにすることができます。エクササイズをしている、しようと思っている方は、このページを参考にしてもらえると嬉しいです^^

運動前の食事にはご注意を

まず、「運動の前」に食事をするのは良くありません。ご飯を食べると胃に血液が集まり、消化が始まります。その状態で運動をすると消化不良を起こしたり、ふだんより体が動かないので効果を期待できないのです。もし、運動前にお腹が減っているなら「バナナ」や「牛乳」がオススメです。プロのダンサーやスポーツ選手も「バナナ」を食べるそうですよ。

運動後に食事をして、素早く栄養補給しよう!

ちゃんとした食事については、「運動をした後、1時間以内に」という方法がオススメです。

たしかに、ストレッチは体をゆっくり動かすので、体に過度の負担とはならないでしょう。しかし、有酸素運動については、30分もやれば汗をかくし、背中や足が筋肉痛になることがあります。筋力トレーニングになれば筋肉痛はなおさらです。

筋肉痛は筋組織が破壊されている状態なので、たんぱく質を摂取し筋肉の再生を促す必要があります。

また、ビタミン群ブドウ糖などの栄養についても補給することが大切です。つまり、運動は血液の循環や新鮮な酸素の供給をするいう利点がありますが、運動後は明らかに体力が低下し、著しく栄養不足になっているということです。この栄養が不足した状態のとき、バランスの良い食事をとると、筋肉、骨など細胞の一つひとつが再生され、結果として運動前よりも質の良い体になれるのです。

小さな積み重ねで、痩せやすい体が作られます (o ̄∀ ̄)ノ

こうやって体は少しずつ、少しずつ改良され、脂肪が付きにくく太らない体質になります。

もし、栄養が不足した状態で食事制限をしたら大変です。なんとか体力を回復しようとするので、体は骨やいろんな細胞から栄養をかき集めてきます。そうすると骨はスカスカになり、筋力は以前より低下します。さらには、栄養不足という事態を避けるために、より脂肪を保存するよう体は変化するでしょう。

適度な運動をすると健康に良い」と言いますが、「運動後には、バランスの良い食事が大切!」と付け加えて読みましょう ^^

コンテンツ一覧

ダイエットに役立つ食事方法

栄養用語

↑このページの上へ