ダイエットとリバウンド


ダイエット方法 ネタ本


HOME > ダイエットの基礎知識 > ダイエットの基本 > ダイエットとリバウンド

リバウンドしないダイエットを目指そう!

リバウンドとは、治療や投薬を止めたあとに、急激に症状が悪化することをいいます(広辞苑)そして、ダイエットでいうリバウンドとは、「ダイエッドしたのに、いつのまにか元の体重に戻ってしまうこと」です。

せっかくダイエットしたのに!!リバウンドするのはどうして?

リバウンドはなぜ起きるのか?ですが、どうやらこれは食事制限をメインにしたダイエットの場合に起こりやすいようです。たとえば、わたしが1日に1食だけという食事制限をしたとします。その場合、体にはどのような影響が出るのでしょうか?

食事制限が招くダイエットのリバウンド

食事は栄養のバランスが大切ですが、おそらく1食では量も質も不十分だと思います。そこで、わたしの体は栄養不足を補うために脂肪をエネルギーに変えて、体の活動を維持しようとし、体重も減っていきます。

「おぉ! ダイエット成功!」のように思えますが、これが落とし穴。

リバウンドの原因は基礎代謝の低下にある

あなたは基礎代謝という言葉、聞いたことあるでしょうか?基礎代謝というのは、のんびりソファーに座っていても、寝ているときでもエネルギーを消費する「代謝」のことです。この基礎代謝は筋力と密接な関係があり、筋力が多い人ほど基礎代謝が高いのです。一般的に成人の人は、一日1200〜1400キロカロリーを何もせずに消費していると言われています。

運動不足と食事制限によるタンパク質の不足=リバウンド

さて、先ほど食事制限は栄養が不足すると書きましたが、食事制限は筋肉の元であるたんぱく質も不足させます。 その結果、筋力も低下するので当然基礎代謝も悪くなります。

すると、今までは何もしなくても、1200〜1400キロカロリーを消費していたのに、筋力が落ちた分、消費されないことになり、それが脂肪として体に蓄積されることになります。

この脂肪は前よりも落ちにくく、太る原因になります。何しろ、わたしの体は筋力が低下しているので基礎代謝の消費カロリーが少ないのですから・・・。

ダイエットでリバウンドをしないためには

ダイエットは体重を減らすだけではありません。食事の栄養バランスを工夫し、運動をして、より健康で元気な体を作ることです。

ダイエットの話しになると、「○○をしちゃダメ」「××を食べちゃダメ」というように、否定的、消極的になる傾向があります。でも、これは悲しいですよね(ノ_・。) 何事においても肯定的に、積極的になっているときのほうが、人は前向きになれるのです。

ダイエットでは「食べない」のではなく、「食べる」のです。温野菜、生野菜、お魚、お肉など、いろいろな栄養を含んだ食事をとり、体を健康にしていきましょう。

「食べると太ってしまう・・・」とお考えの場合には、よく噛んで食事をするようにしましょう。また、運動をして筋肉をつけ、基礎代謝の多い体にすれば、リバウンドをしない体になるはずです

以前、私は「体脂肪をどこまで落とせるか?」に挑戦し(笑)、体脂肪を2,5%まで落としたことがありますが、そのときでも、日に4食、食べていました。ダイエットとは、食事制限ではなく、食事を工夫することなのです。

関連するページ

ダイエットの基本

↑このページの上へ