ダイエットの法則とは「消費カロリー>摂取カロリー」


ダイエット方法 ネタ本


HOME > ダイエットの基礎知識 > ダイエットの基本 > ダイエットの法則-消費カロリーと摂取カロリーの関係が重要

ダイエットの法則-消費カロリーと摂取カロリーの関係が重要

脂肪体重を減らすには、摂取カロリーより消費カロリーを増やすことです。体に取り込んだエネルギーより消費エネルギーが多くなると、蓄積した脂肪が燃焼されるので、簡単に体脂肪が落ちていきます。

体に取り込んだ摂取カロリー≦活動により消費したカロリー+基礎代謝消費カロリー

摂取カロリーを減らすダイエット

このダイエット法としては、置き換えダイエットが有名ですね。一日の食事のうち、1〜2食をヨーグルトやスープに変更し摂取カロリーを抑えます。

手軽なので取り組みやすいのが魅力かも?通販でも専用食を購入できます。が!長期的に考えると費用がかさむかもしれません…。1食の目安としては200円〜700円。

この置き換えダイエットは自前のミキサーで充分に作れると思うのは私だけでしょうか。バナナとヨーグルトをミキサーに入れ、スイッチオン!たった15秒でバナナシェイクの完成です(o ̄∀ ̄)ノ”激ウマ…。

摂取しないダイエット…ってウォイ!

また、置き換えダイエットでは手ぬるい!ということで、未だに根強いのは「食事抜きダイエット」。しかし、摂取カロリーは減るものの、栄養不足になるため体調不良を起こしやすい。さらに言えば、リバウンドしやすいダイエットなので全くオススメできません(´・ω・`)

ダイエットのリバウンドについてはコチラから。

ダイエットは食事方法をドンドン工夫しよう(o ̄∀ ̄)ノ”

食生活を工夫することで、脂肪になるエネルギーを抑える事ができます。私が体脂肪を2.5パーセントまで落としたとき、運動と食事を連動させて工夫しました。良かったら下のページを参考にしてくださいね。

  1. 食事制限のダイエットが引き起こす問題点
  2. 朝食抜きダイエットの問題点。ダイエットには朝食が大切。
  3. 1日に何回食事をするのが理想なのか?
  4. ダイエットの運動を、より効果的にする食事方法
  5. ご飯をよく噛むと痩せる、というダイエット方法
  6. 夜食べると、やっぱり太る (タンパク質「BMAL1」)

摂取カロリーを押さえるダイエットの注意点

ダイエットで失敗しやすいタイプは真面目な人と言われています。「今日は食べちゃったけど、まぁ良いんじゃなーい」と適当でいられればストレスは溜まりません。しかし、自分に厳しい人は「食べた自分を許せない」ようです。もし、あなたに思い当たる節があるならパラダイムシフト(考え方を変える)してください。食べることは善。食事は楽しいモノです。食材を味わい、その時間を楽しむのです。

消費カロリーを増やしてダイエット

摂取カロリーよりも消費カロリーを増やすには生活を不便にするのが近道です。買い物に行くとき、車より自転車を選ぶ。たまには徒歩で行こうか!そういう心の余裕が生活を変え、体を変えるのです。

積極的に消費カロリーを増やしてダイエット

有酸素運動筋トレなど、よく言われるエクササイズが効果的。多少の余裕があるなら、ジムにかようのも方法の1つですね。ちなみに、わたしの場合はジョギング筋トレストレッチをやっています。自分のメニューを構築すると運動は楽しくなります。あなたも運動メニューを作ることをオススメしたいなぁと思います。

関連するページ

ダイエットの基本

↑このページの上へ