運動神経を良くする方法


ダイエット方法 ネタ本


HOME > ダイエット運動 > ダイエット有酸素運動 > 運動神経を良くする方法

運動神経を良くしたい人、必見!フォーム改善と筋トレで、最高のパフォーマンスを

当サイト、ダイエット方法 ネタ本では、有酸素運動、ストレッチ、筋トレなど、様々な運動を紹介しています。これらは、比較的単調な動作なので、運動神経の良し悪しは関係ありません。

しかし、運動が苦手な人にとっては、そういう些細な動作も苦痛になるんですよね…。そこで、このページでは、運動のコツと運動神経を良くする方法をお話します。

運動神経を良くするにはフォームを頭と体で覚える

なにかスポーツをやる時は、正しいフォームを覚えましょう。自分なりに応用するのは基本をマスターした後で充分です。誰か、上手い人を見つけ、その人の動き方を徹底的にマネしましょう。

いくつかの動作、体の使い方を身につければ、「新しい動き、スポーツ」に出会っても、比較的スムーズにマスターできます。まずは、基本的な動作を覚えるよう、繰り返し、繰り返し練習しましょう。動きを覚えるまでは、スローで行い、だんだんと速くしていきます。

筋肉をつければ、運動神経は良くなるか?

筋肉をつけると、運動パフォーマンスは格段に良くなります。なので、体力に自信のない人は筋トレをすることで「ある程度」悩みは解消されるはずです。

ただし、筋肉は、あなたのパフォーマンスを補強するのが役割です。根本的な解決策は、フォームの改善と基本動作の習得にあります。

「重量挙げ」という競技でも、筋肉だけでなく、フォームの良し悪しで、勝敗が決まるんです。

呼吸を使って、運動を上手く!

このサイトでは「耳にタコができる」くらい何度も書いていますが、呼吸は超重要です。運動神経を良くしたければ、体の動きにあわせ呼吸をしてください(なんか脅迫文みたくなってる…鬱)。

「ボールを投げる、蹴る」という動作では、鋭く!速く!息を吐きます。これに対し、ゆっくりな動作では、ゆっくりと息を吐き、ゆっくりと新しい酸素を吸いこみます。

体の力を抜く

運動が苦手な人に共通しているのは、動きが硬いということです。体に無駄な力が入っているので、動きがぎこちないんですよね。

体の動きは、最後の瞬間まで、滑らかさが要求されます。もし途中で無理な力が加わると、運動エネルギーが遮断され、力の伝達が失われてしまいます。また、正しいフォームが乱れるので、正確性も失われることになります。

運動は、インパクトの瞬間に力を入れるよう習ったと思いますが、それは上級者のお話です。まずは、体に一切の力を入れることなく、体を動かすようにしましょう。

感覚的な話なので難しいと思いますが、「力を抜く」と正しいフォームが身につき、よりハイレベルなパフォーマンスが可能になります。

関連するページ

ダイエット有酸素運動

有酸素運動の種類

↑このページの上へ