筋肉を太くする筋トレ方法(筋肉トレーニング)


ダイエット方法 ネタ本


HOME > ダイエット運動 > 筋肉トレーニングの基礎知識 > 筋肉を太くする筋トレ方法(筋肉トレーニング)

筋肉を太くする筋トレ方法

筋肉の繊維には2種類あり、1つを遅筋(ちきん)、もう1つを速筋(そっきん)といいます。

太い筋肉を作る筋トレ方法

太い筋肉、逞しい体を作るためには、速筋を鍛えるようにしましょう。この場合、負荷を高くし、低回数で筋肉トレーニングを行います。

高負荷・低回数の筋トレはケガをしやすいので、準備運動を丁寧に行い、正しいフォームで行いましょう。正しいフォームを覚えるだけで、10パーセント程度、最大筋力がアップすることがあります。

ハードな筋トレには基礎体力が必要

私見では、自分の体重を使った腕立て伏せで100回くらいできれば、基礎体力があるのでは?と考えます。基礎体力をある程度作ってから、重いウェイトを使った筋トレを始めると良いと思います。

スポーツと筋トレの関係

また、スポーツをしている人は、補強として筋トレを行いましょう。大きな筋肉を作ると、パフォーマンスに悪影響がでる場合があります。もしもスポーツ選手として体作りに取り組むのであれば、そのスポーツに合う筋肉を考え、オフシーズンに体を作るといいでしょう。

※腕立て伏せの注意点
筋肉番付というTV番組で、アゴだけを上下させ腕立てをする方がいますが、筋トレとしてはお勧めできません。背中は一直線に、呼吸を使って行うべきです。スピードをつける腕立てには意味があります(ただし原則はスロートレーニングです)が、アゴだけ上下させても、その効果・実力には疑問があります。

コンテンツ一覧

筋トレの基礎知識

筋トレの方法

↑このページの上へ