胸、大胸筋の筋トレ(筋肉トレーニング) バストアップ/胸板を厚くする方法


ダイエット方法 ネタ本


HOME > ダイエット運動 > 筋肉トレーニング方法 > 胸、大胸筋の筋トレ(筋肉トレーニング) バストアップ/胸板を厚くする方法

胸、大胸筋の筋トレ バストアップ/胸板を厚くする方法

胸、大胸筋の筋トレ

胸の筋トレは初心者にとって難しいかもしれません。その理由は「胸に力を入れる」という感覚を実感できないからです。

テレビなどで、筋肉ムキムキの男性が、大胸筋をピクピクッと動かしている映像を見たことあると思います。あれは、胸の筋肉を鍛える過程で、胸を意識的に動かす感覚を身につけ、腕やお腹と同じように、力を入れる事ができるからなのです。

腕は頻繁に使うので、その感覚は当然のように理解していますが、胸を動かすのは慣れないとできないようです。

筋トレは、筋肉を緊張させ、一時的に血流を滞らせながら、動作を繰り返し行います。そうすることで筋繊維が太くなるわけです。これが「筋トレをする場合、使う筋肉を意識しましょう」という言葉の本当の意味です。

胸の筋肉を動かすのは、筋肉の大小に関係なく可能です。できるだけ大胸筋を意識して、トレーニングしましょう。

胸の筋トレは男性のみならず、女性にも、スタイルを維持・向上するのに役立ちます。頑張って続けてみてくださいね。

なお、胸の筋トレには以下のポイントがあります。

  • ダンベルを利用する場合、ダンベル棒を握りこまず、手の平で支えるように持ちましょう。肩・腕の力が抜け、胸にウェイトが落ちるようになります。
  • 肩を後ろに引かず、少し前に出しましょう。大胸筋は何かを抱え込むような動作に利用する筋肉です。胸が開いていると、大胸筋を意識できません。肩を後ろに引かず、胸を少し閉じるようにしましょう。
  • 大胸筋を意識しましょう。そのためには枕を思いっきり抱きしめてください。すると、大胸筋を意識できます。もし、大きな筋肉を作るつもりはないなら、枕を思い切り抱きしめるだけで、胸の筋トレは十分です。

胸、大胸筋の筋トレ

腕立て伏せ 胸の筋肉トレーニング 腕立ては肩幅よりも広くすると、胸への負荷が大きくなります。
腕立て伏せ 胸の筋肉トレーニング さらに手を広げて行くと、肩への負荷も大きくなります。これに対し、腕を肩幅よりも狭くすると、腕への負荷が大きくなります。
腕立て伏せ 胸の筋肉トレーニング 通常の腕立て伏せです。
腕立て伏せ 胸の筋肉トレーニング キツい場合は、膝をついて腕立てしましょう。
バストアップ 大胸筋の筋トレ 腕立て伏せがキツイ!または楽過ぎる!という人はダンベルを使って行いましょう。ダンベルの重さを変えることにより、あなたに合った負荷でトレーニングできます。また、負荷が分散される腕立てよりも集中的に胸のトレーニングができます。
バストアップ 大胸筋の筋トレ ダンベルと同じことを、チューブでできます。実践的にインナーマッスルを鍛えるならチューブトレーニングもしましょう。
バストアップ 大胸筋の筋トレ チューブは背中に回し、他方の手で固定します。
バストアップ 大胸筋の筋トレ 手を合わせ、力が拮抗するように力を加えると、胸の筋肉が緊張し、トレーニングになります。

コンテンツ一覧

筋トレの方法

筋トレの基礎知識

↑このページの上へ