首の筋トレ 首を細くしたい!二重顎(あご)を予防する首の筋肉トレーニング


ダイエット方法 ネタ本


HOME > ダイエット運動 > 筋肉トレーニング方法 > 首の筋トレ 首を細くしたい!二重顎(あご)を予防する首の筋肉トレーニング

首の筋トレ 二重顎(あご)を予防する首の筋トレ

二重顎(あご)を予防する首の筋トレ

首を細く見せるためには、1脂肪燃焼、2姿勢を直す、3首の筋トレ、4表情筋の筋トレ、5肩の筋トレが効果的です。

1脂肪燃焼
あごの下に溜まった脂肪を落とすと、横から見たラインが綺麗になります。これは有酸素運動で脂肪を落としていけば、ある程度は落ちます。首は落ちにくい脂肪と言われますが、有酸素運動は大事ですね。

2姿勢を直す
姿勢を直すことは、最高のスタイル改善です。まず、アゴをちょっと引きます。肩は落とす。そして、首の後ろにある延髄(えんずい)に、操り人形のような糸で吊るされている様子をイメージをしましょう。どうです?首がニョキッ!と伸びたでしょう?

3首の筋トレ
軽い負荷で筋トレをすると、引き締まった首筋になります。ちょっとマニアックですが、首の筋トレはオススメです。ただし、強い負荷だと首は太くなるので、女性の方はご注意を。男性の場合は、多少は太くしても良いと思うので、少しずつ強い負荷でやってください。なお、安全を考え、極度に強い負荷の筋トレ(ネックブリッジなど)は紹介していません。首を壊すと、半身不随など障害が起きる危険があります。ずぅぇ〜〜ったいに気をつけてください。

表情筋の筋トレ
表情筋については別ページで紹介していますので、そちらを参照してネ。

≫ 顔、表情筋の筋肉トレーニング

5肩の筋トレ
肩の筋肉をつけると、相対的に首が細く見えます。レディース服の種類によっては、肩パットってありますよね?あれと同じ原理です。綺麗なシルエットを維持するためにも、肩の筋トレはオススメです。男性の場合は、ガンガンに筋トレしましょう。


首の筋トレ

アイソメトリックで首の筋トレ 筋肉トレーニング アイソメトリックの筋トレ。この写真の場合、頭を左に倒そうとする力と手で支える力が拮抗しています。前後左右、いろいろな角度を試しましょう。
自分の体重で首の筋トレ  筋肉トレーニング あお向けに寝た状態から首だけを起こします。頭は意外に重いです。
自分の体重で首の筋トレ 筋肉トレーニング 四つん這いの状態から、上を見るように頭部を動かします。

コンテンツ一覧

筋トレの方法

筋トレの基礎知識

↑このページの上へ