肩の筋肉トレーニング(三角筋、僧帽筋)


ダイエット方法 ネタ本


HOME > ダイエット運動 > 筋肉トレーニング方法 > 肩の筋肉トレーニング(三角筋、僧帽筋)

肩(三角筋、僧帽筋)の筋肉トレーニング

肩(三角筋、僧帽筋)の筋肉トレーニング

もっと良いスタイルになりたい!、競技でパフォーマンスを高めたい!など、このページをご覧になっている人の目的はそれぞれです。しかし!肩の筋トレは、その全ての人に有効なトレーニングだと確信しています。

まず、スタイル改善、痩せマッチョ体型を目指す人については、肩幅とウエストのコントラストを作って頂ければと思います。うっすらと肩に筋肉がついていると、ウエスト幅が細く見えるので、一層スレンダー体型に見えるんですヨ。まぁ、アメフトのパットのようにゴツくする必要はありませんが、綺麗に洋服を着こなせるのでオススメです。

また、アスリートにとって、体の根幹になるボディは当たり負けをしないためにも、タフな体を作る必要があります。とくにサッカー、バスケなどの接触の多い競技については、肩の筋肉は必要です。最近の日本人は平均身長も高くなってきており、外人にもパワー負けしない体が作れるかもしれません。


肩の筋トレ方法

腕立て伏せ 肩の筋肉トレーニング 全身の筋トレ 腕立て伏せは肩の筋肉に効きます。が、体重が肩以外の筋肉に分散されるため、それほど効果はありません。ま、全身の筋トレとしては効果的ですが。
腕立て伏せ 肩の筋肉トレーニング 横から 腕立て伏せを横から見た図。
腕立て伏せ 肩の筋肉トレーニング 膝を付けて 普通の腕立てがキツければ、膝を付けて行います。
肩、僧帽筋の筋肉トレーニング ダンベル 効果的に肩の筋肉をつけたいなら、ダンベルは効果的です。
肩、僧帽筋の筋肉トレーニング チューブ 同じ事をチューブでも可能です。インナーマッスルを鍛えるためも、チューブトレはスローで行いましょう。
肩、僧帽筋の筋肉トレーニング フォーム チューブは足で踏み、このように腕に持ちます。チューブは3メートルあり、端と端を結んでも、けっこう長いです。負荷との関係もありますので、足で踏み、ちょうど良い長さでトレーニングしましょう。
肩、三角筋の筋肉トレーニング 自重 多少、胸にも効きますが、肩にも良い感じです。
肩、三角筋の筋肉トレーニング チューブ チューブで行うときは、こんな感じ。
肩、三角筋の筋肉トレーニング チューブ 今度は、横から。肩に相当効きます。
肩、三角筋の筋肉トレーニング チューブで行うときは、こんな感じ。スローでネ。

コンテンツ一覧

筋トレの方法

筋トレの基礎知識

↑このページの上へ