ストレッチ(柔軟体操)方法。股関節のストレッチなど計13種類のストレッチ方法を紹介


ダイエット方法 ネタ本


HOME > ダイエット運動 > ストレッチ(柔軟体操)方法

ストレッチ(柔軟体操)方法

ヨガやピラティスの人気が高まるにつれ、柔軟体操・ストレッチをする人が増えましたよね。きっと、家の中で、手軽に取り組めることが人気の秘密なんじゃないかな〜と思います。

そこで、このコーナーでは、より効果的なストレッチ(柔軟体操)の方法をご紹介します。メニューの所要時間は、30分〜60分くらいです。

左右開脚ストレッチ(柔軟) 前後開脚ストレッチ(柔軟)

ストレッチは体が柔らかくなるし、体調も良くなりますヨ。なにより、お風呂上りや、テレビを見ている時間にできるので、気楽に続けられます(o ̄∀ ̄)ノ

ストレッチの効果

ストレッチは普通に生活していると動かさないような筋肉を伸ばします。これで血流を良くし、脂肪を燃焼したり、老廃物の代謝を促します。寝つきが良くなるし、疲れも取れやすくなりますヨ。

また、ストレッチは関節の可動範囲を広げます。運動不足になると、体の関節が、だんだん開かなくなり、老化を早めてしまうんです。ストレッチで体を伸び伸び動かし、アンチエイジングしてはいかがでしょう?

他にも、腰痛やケガの予防にも、ストレッチは役立っています。

ストレッチのコツ

ストレッチは誰にでもできる体操です。筋トレと同じように、運動神経は関係ないし、他人と比較したり、競争するものではありません。なので「楽しもう!」という気持ちで始めてくださいね。

また、運動全般に言えることですが、ストレッチにおいても呼吸法がとても大切です。呼吸を使ってやると、ストレッチの効果が格段にUPしますよ。詳しくは「ストレッチの基礎知識」を見てくださいね。

コンテンツ一覧

ストレッチの方法

  1. 股関節と背中のストレッチ
  2. 股関節と太腿の側面・裏のストレッチ
  3. 簡単な前屈ストレッチ
  4. 肩と首のストレッチ
  5. 手、腕、肩のストレッチ
  6. 太ももの前面のストレッチ
  7. 前屈ストレッチ
  8. 太ももの前面ストレッチパート2
  9. 股関節の前部分のストレッチ
  10. 全身をひねるストレッチ
  11. 左右開脚ストレッチ
  12. 左右開脚ストレッチ2
  13. 前後開脚

ストレッチの基本

↑このページの上へ