(10)全身をひねるストレッチ(太もも、腰、背中、首)


ダイエット方法 ネタ本


HOME > ダイエット運動 > ストレッチ(柔軟体操)方法 > (10)全身をひねるストレッチ(太腿、腰、背中、首)

(10)全身をひねるストレッチ(太腿、腰、背中、首)

ここで紹介するストレッチは、太腿(ふともも)の側面、おしり、腰、背中など、ほとんど全身をやわらかくするストレッチです。呼吸をコントロールしながら、リラックスしてやりましょう。

全身をひねるストレッチ(太腿、腰、背中、首)

  1. まず、床の上に、仰向けで寝てください。

  2. 捻る ストレッチ 柔軟

  3. 息を吐きながら、ゆっくりと片方の膝をかかえます。

  4. さらに息を吐きながら、写真2のように、膝をたおしていきます。膝と顔が、それぞれ反対側をむくようにするのが、ポイントです。

  5. その姿勢のまま、ゆっくりと呼吸をしてください。呼吸のやり方、おぼえていますか?

    息を吸うときは、鼻から。息を吐くときは、口からでしたね。とくに、息を吐くときは、肺にある空気をすべて出しきるつもりでやるようにしましょう。

    息を吐いていって、「空気は、もう残ってないだろう」と思っても口をとがらせて、強めに吐いてみると、意外にでてくるものですよ。

  6. こんどは、息を吸うことを意識しながら、写真1の姿勢にもどります。

  7. ゆっくりと、膝をおろして、あおむけの姿勢になりましょう。

  8. あおむけの姿勢のまま、何回かゆったりと呼吸をします。いつもの、バランス呼吸です。

    前後開脚 ストレッチ 柔軟

    (バランス呼吸とは、左右や前後など対称となる部分のストレッチをする場合、片方を終えたら、すぐに逆側のストレッチをするのではなく、いちど楽な姿勢で呼吸を数回繰り返すことを言います。

    【例】左右開脚

    まず、左側に体を倒しながら、ゆったりと息を吐きます。そして、体を起こしながら、ゆったりと息を吸います。その後、すぐに右側のストレッチをするのではなく、体を起こした状態でゆったりと呼吸を数回します。これが、「バランス呼吸」であり、ストレッチを効果的にするためのコツです。)

  9. 今度は、反対側の足で、挑戦です。手順は、同じですので、上を参考にしてくださいね。

  10. 1から8までを、数回くりかえします。

コンテンツ一覧

ストレッチの方法

  1. 股関節と背中のストレッチ
  2. 股関節と太腿の側面・裏のストレッチ
  3. 簡単な前屈ストレッチ
  4. 肩と首のストレッチ
  5. 手、腕、肩のストレッチ
  6. 太ももの前面のストレッチ
  7. 前屈ストレッチ
  8. 太ももの前面ストレッチパート2
  9. 股関節の前部分のストレッチ
  10. 全身をひねるストレッチ
  11. 左右開脚ストレッチ
  12. 左右開脚ストレッチ2
  13. 前後開脚

ストレッチの基本

↑このページの上へ