(5) 「手」や「腕」「肩」を柔らかくするストレッチ


ダイエット方法 ネタ本


HOME > ダイエット運動 > ストレッチ(柔軟体操)方法 > (5)「手」や「腕」「肩」を柔らかくするストレッチ

(5)「手」や「腕」「肩」を柔らかくするストレッチ

ここでは、「手」や「腕」「肩」のストレッチを紹介するわけですが、これは手の血流が滞ってダルイ場合にオススメな体操です。

「手」や「腕」「肩」を柔らかくするストレッチ

紹介する順番として、「手首」→「前腕」→「上腕」→「肩」のようになっています。ちょっと余談になるかもしれませんが、この順番には理由があるので説明しま〜す^^

わたしが考えるマッサージの基本は、「心臓より遠い部分からマッサージを始める」です。← 意味わかります?これは足や手の指先が冷えやすいことから思いついたのですが、人間の体は末端の血流が滞りやすいようです。

なので、心臓より遠い部分から体の中心に向って血液を戻すようにマッサージするのです。裏は取れていませんが、そうした方が血流が良くなり体が温かくなる気がします。

また、腰など体の中心に近いところを急に動かすと、心臓に負担がかかるので危険です。体を動かす時には、できるだけ体に負担とならない個所から始めてくださいねっ。

手首のストレッチ

手首のストレッチ 1つ目

「手」や「腕」「肩」を柔らかくするストレッチ

まず、写真のように、左手で右手の甲を持ち固定します。次に、ゆっくりと息を吐きながら、右手の肘を下ろしていきます。ゆっくりと・・ ゆっくりと・・痛みを感じる前に肘を下ろすのをやめ、息を吸いながら肘を上げていきます。気分次第でこの動さを数回繰り返してください。そして、バランス呼吸をします。

「手」や「腕」「肩」を柔らかくするストレッチ

(バランス呼吸とは、左右や前後など対称となる部分のストレッチをする場合、片方を終えたら、すぐに逆側のストレッチをするのではなく、いちど楽な姿勢で呼吸を数回繰り返すことを言います。

まず、左側に体を倒しながら、ゆったりと息を吐きます。そして、体を起こしながら、ゆったりと息を吸います。その後、すぐに右側のストレッチをするのではなく、体を起こした状態でゆったりと呼吸を数回します。これが、「バランス呼吸」であり、ストレッチを効果的にするためのコツです。)

バランス呼吸を終えたら、同様の手順で逆の手をやります。ゆっくりと呼吸を吐きながらですよ!手首はデリケートなので、決して無理をして(痛みを我慢して)やらないでくださいねっ

手首のストレッチ 2つ目

「手」や「腕」「肩」を柔らかくするストレッチ

手首のストレッチ 3つ目

「手」や「腕」「肩」を柔らかくするストレッチ

前腕のストレッチ

「手」や「腕」「肩」を柔らかくするストレッチ

まず、右手の手の平を上に向けて、肘を曲げてください。左手で右手の親指以外の指、4本を軽く握ります。息を吐きながら、右手を前に出していきます。ゆっくりと・・・ ゆっくりと・・息を全部吐ききったら、今度はゆっくりと肘を曲げながら元の位置に戻します。

そして、バランス呼吸です。

バランス呼吸が終わったら、今度は逆側の手を同様の手順でやりましょう。ゆったりと呼吸をしながら、のびのびとやってくださいねっ。

二の腕、肩のストレッチ

「手」や「腕」「肩」を柔らかくするストレッチ

右手を左肩の上に置きます。
次に、左手で右肘を抱えこみます。
(写真を見たほうがわかりやすいですね(笑))

そして、ゆっくりと息を吐きながら右手の筋を伸ばしていきます。
ゆったりと呼吸をしながらやってみてください。

息を吐き終えたら、左手の力を弱めつつ、ゆっくりと戻していきます。
息を吸いながら、ゆっくりと・・ゆっくりと・・。

そして、バランス呼吸をしてください。
その場で、ゆっくりと深呼吸をします。
すぅ〜〜 はぁぁ〜〜・・・・・。
すぅぅ〜〜 はぁぁ〜〜・・・・・。
今度は、反対側の手をやりましょう。
手順は同様ですので、上を参考にしてくださいね!

肩のストレッチ

肩のストレッチ 1つ目

「手」や「腕」「肩」を柔らかくするストレッチ

肩のストレッチ 2つ目

「手」や「腕」「肩」を柔らかくするストレッチ

肩の柔軟体操 その2は、かなりキツイです。
肉離れを起こす危険があるので、無理はしないでくださいねっ。

コンテンツ一覧

ストレッチの方法

  1. 股関節と背中のストレッチ
  2. 股関節と太腿の側面・裏のストレッチ
  3. 簡単な前屈ストレッチ
  4. 肩と首のストレッチ
  5. 手、腕、肩のストレッチ
  6. 太ももの前面のストレッチ
  7. 前屈ストレッチ
  8. 太ももの前面ストレッチパート2
  9. 股関節の前部分のストレッチ
  10. 全身をひねるストレッチ
  11. 左右開脚ストレッチ
  12. 左右開脚ストレッチ2
  13. 前後開脚

ストレッチの基本

↑このページの上へ