(3)股関節と太ももの裏面・腰を柔らかくするストレッチ(簡単な前屈)


ダイエット方法 ネタ本


HOME > ダイエット運動 > ストレッチ(柔軟体操)方法 > (3)股関節と太ももの裏面・腰を柔らかくするストレッチ(簡単な前屈)

(3)股関節と太ももの裏面・腰を柔らかくするストレッチ(簡単な前屈)

今回のストレッチは「前屈」を片方ずつやります。少し変わっているのは、膝を開いた状態でやるってコトです。片方ずつ行う前屈は、両足でやるより簡単だし、腰を少しひねった格好になるので、わたしにとっては腰痛予防の1つになっています。

股関節と太腿の裏面・腰を柔らかくするストレッチ(簡単な前屈)

また、これは「ストレッチの1つ目」と「2つ目」をやったあとに行うストレッチなので、まずはそちらから挑戦してくださいっ。それでは、3つ目のストレッチに挑戦してみましょう(o ̄∀ ̄)ノ

  1. 2つ目の柔軟体操が終わったとき、右足または左足が真横に出ていると思います。3つ目の柔軟体操は片足を体の真正面に伸ばします。逆の足は、「あぐら」をかいた状態で。

  2. 背筋を伸ばして、お腹を膝につけるイメージでゆっくりと体を前に倒していきます。息を吐きながら、ゆっくりと・・ ゆっくりと・・決して無理をせず、勢いをつけず、リラックスをして前に倒していきます。

    股関節と太腿の裏面・腰を柔らかくするストレッチ(簡単な前屈)

  3. ゆっくりと息を吐ききったら、今度は体を起こします。息を吸いながら、ゆっくりと・・ ゆっくりと・・気分次第で2と3を数回繰り返してください。

  4. 3が終わったら、前に出した足を戻して、数回呼吸をします。これは柔軟体操の呼吸法で紹介した「バランス呼吸」です。「バランス呼吸」をすることで、体がより柔らかくなるでしょう。

    股関節と太腿の裏面・腰を柔らかくするストレッチ(簡単な前屈)

    (バランス呼吸とは、左右や前後など対称となる部分のストレッチをする場合、片方を終えたら、すぐに逆側のストレッチをするのではなく、いちど楽な姿勢で呼吸を数回繰り返すことを言います。

    まず、左側に体を倒しながら、ゆったりと息を吐きます。そして、体を起こしながら、ゆったりと息を吸います。その後、すぐに右側のストレッチをするのではなく、体を起こした状態でゆったりと呼吸を数回します。これが、「バランス呼吸」であり、ストレッチを効果的にするためのコツです。)

  5. 「バランス呼吸」が終わったら、今度は逆側です。さっきとは逆の足を真正面に投げ出して、同様の柔軟をします。

  6. 逆の足が終わったら、また「バランス呼吸」です。

  7. 2から6までを数回繰り返します。

このストレッチ体操も、頭を床につけるのではなく、お腹を床に付けるようにするのがポイントです。まーじーで、これは効きますよぉ〜。これをちゃんとやると、あとあと楽ですから、じっくりやることをおすすめします!(あ・・ でも無理は禁物です!)

股関節と太腿の裏面・腰を柔らかくするストレッチ(簡単な前屈)
お腹から体を倒す
股関節と太腿の裏面・腰を柔らかくするストレッチ(簡単な前屈)
バランス呼吸をする

コンテンツ一覧

ストレッチの方法

  1. 股関節と背中のストレッチ
  2. 股関節と太腿の側面・裏のストレッチ
  3. 簡単な前屈ストレッチ
  4. 肩と首のストレッチ
  5. 手、腕、肩のストレッチ
  6. 太ももの前面のストレッチ
  7. 前屈ストレッチ
  8. 太ももの前面ストレッチパート2
  9. 股関節の前部分のストレッチ
  10. 全身をひねるストレッチ
  11. 左右開脚ストレッチ
  12. 左右開脚ストレッチ2
  13. 前後開脚

ストレッチの基本

↑このページの上へ