簡単なストレッチ(柔軟体操)の方法とは


ダイエット方法 ネタ本


HOME > ダイエット運動 > ストレッチ(柔軟体操)方法 > 簡単なストレッチ(柔軟体操)の方法とは

簡単なストレッチ(柔軟体操)の方法とは

簡単なストレッチ(柔軟体操)

ストレッチ、柔軟体操というと「キツイからヤダ!」という人もいるでしょう。実際にやってみても、効果が出なくてあー残念!「俺は生まれつき体が硬いから〜」という人もいるかもしれません。

たしかに、先天的に体の硬い人、柔らかい人もいると思いますが、整体の先生が驚くほど硬かった私でも、この写真程度には柔らかくなったんですから、努力次第で体は変わって行くモンなんです。

というわけで、このページでは、本気で体が硬い人向きな簡単なストレッチ(柔軟体操)の方法をご紹介したいと思います。

その方法は非常に簡単デス!(o ̄∀ ̄)ノ”例えるなら、ラジオ体操、運動前の準備体操レベルと言ったところでしょうか。

しかし!その効果は期待大。朝起きたとき、疲れたとき、ウォーキングをする前後に行ってくださいネ!体の調子が良くなりますヨ^^

ポイントは呼吸を使って、ゆっくりと体の関節を伸ばして行く、ということ。そして、上半身のストレッチは「タオル」を用意しましょう。

ゴルフの選手がクラブを使って体を動かすように、何か道具を使って柔軟を行うと、とてもスムーズに体操できます。


簡単にできるストレッチの方法

肩と腕のストレッチ 柔らかいタオルを用意し、両手で持ってクルクル回します。腕の血流が良くなり、二の腕が細くなるそうです。他にも、前後、左右に体を倒します。タオルを使うと体が安定するので助かります。
股関節と腰のストレッチ このストレッチは肩、股関節、背中に効きます。この体操を運動選手は、よくやります。ググーっと、ゆっくり体を入れると気持ちが良いデス。写真は忙しないけど、ゆっくり行いましょう。
股関節と太もものストレッチ さらにせわしないっすね…(汗)股関節のストレッチです。ゆっくり行いましょう。
足首を伸ばす 左右開脚のポイントはつま先を立てたり、伸ばしたり、工夫をすることです。とくにバレエをやってる人はトゥシューズを履くので、徹底的に足首を伸ばすようですね。
足首を伸ばす コチラは足首を伸ばした図。

コンテンツ一覧

ストレッチの方法

  1. 股関節と背中のストレッチ
  2. 股関節と太腿の側面・裏のストレッチ
  3. 簡単な前屈ストレッチ
  4. 肩と首のストレッチ
  5. 手、腕、肩のストレッチ
  6. 太ももの前面のストレッチ
  7. 前屈ストレッチ
  8. 太ももの前面ストレッチパート2
  9. 股関節の前部分のストレッチ
  10. 全身をひねるストレッチ
  11. 左右開脚ストレッチ
  12. 左右開脚ストレッチ2
  13. 前後開脚

ストレッチの基本

↑このページの上へ