(13)前後開脚ストレッチ(柔軟体操)


ダイエット方法 ネタ本


HOME > ダイエット運動 > ストレッチ(柔軟体操)方法 > (13)前後開脚ストレッチ(柔軟体操)

(13)前後開脚ストレッチ(柔軟体操)

ストレッチ方法ラストです!ここで紹介する「前後開脚」で、わたしがやっているストレッチのメニューは全部です。一度に、このメニューをやると、早くて20分、ゆっくりやって1時間ぐらいかかります。無理をせず、楽しんでやってみてくださいね^^

前後開脚 ストレッチ 柔軟

さて、今回紹介する「前後開脚」ですが、特に!気をつけてください!私は、これで「肉離れ」をやりました・・。「太もも」からブチッ!という音がして、壮絶な痛みにのた打ち回りました(苦笑「無理をしたらダメ」という良い例です・・。呼吸を大切に、ゆっくりとやりましょう。

前後開脚ストレッチ(柔軟体操)

  1. まず、椅子など体を支えられる物を用意してください。

  2. 椅子に体重を乗せて、足を前後に開いていきます。

    前後開脚 ストレッチ 柔軟

    決して無理をせず、息を吐きながら、やりましょう。 ゆっくりと、ゆっくりと息を吐きます。

  3. 息を全部吐き終わったら、今度は、息を吸いながら、体を起こします。ゆっくりと、ゆっくりと、息を吸いながら、体を起こしてください。体を、起こしきったら、その場で、ゆっくりと呼吸をしましょう。例の「バランス呼吸」です。すぐに反対側の柔軟をするより、一度ここで呼吸をすると、柔軟の効果は抜群です!

    前後開脚 ストレッチ 柔軟

    (バランス呼吸とは、左右や前後など対称となる部分のストレッチをする場合、片方を終えたら、すぐに逆側のストレッチをするのではなく、いちど楽な姿勢で呼吸を数回繰り返すことを言います。

    【例】左右開脚

    まず、左側に体を倒しながら、ゆったりと息を吐きます。そして、体を起こしながら、ゆったりと息を吸います。その後、すぐに右側のストレッチをするのではなく、体を起こした状態でゆったりと呼吸を数回します。これが、「バランス呼吸」であり、ストレッチを効果的にするためのコツです。)

  4. 今度は、同じ方法で反対の足をやってみましょう。

  5. 1〜4までを数回繰り返します。

前後開脚 ストレッチ 柔軟

上の前後開脚に慣れたら「支え」なしでやってみましょう。初めのうちは、手をついても構いません。無理をせず、呼吸をゆっくりしながら、やってみてください。私は、これでブチッとやりました!お気をつけて!「1回筋を切ると柔らかくなる」って噂はデマですよ〜。

コンテンツ一覧

ストレッチの方法

  1. 股関節と背中のストレッチ
  2. 股関節と太腿の側面・裏のストレッチ
  3. 簡単な前屈ストレッチ
  4. 肩と首のストレッチ
  5. 手、腕、肩のストレッチ
  6. 太ももの前面のストレッチ
  7. 前屈ストレッチ
  8. 太ももの前面ストレッチパート2
  9. 股関節の前部分のストレッチ
  10. 全身をひねるストレッチ
  11. 左右開脚ストレッチ
  12. 左右開脚ストレッチ2
  13. 前後開脚

ストレッチの基本

↑このページの上へ