(12)股関節のストレッチ


ダイエット方法 ネタ本


HOME > ダイエット運動 > ストレッチ(柔軟体操)方法 > (12)左右開脚ストレッチ2

(12)股関節のストレッチ 左右開脚に挑戦!

足を180度開いて、床にペタンッとお腹をつける…。これができて「ストレッチができる」というわけではない。ストレッチとは、呼吸をうまく使って、酸素を全身に送り、体調を整えられる、ということなのです。このサイトを見ているあなたには、ストレッチの本当の効果を味わっていただけたらと思います^^

前後開脚 ストレッチ 柔軟

左右開脚ストレッチ(柔軟体操) パート2

  1. まず、足を開いて、床に座ってください。無理はせず、楽に開ける「幅」でOKです。

    というのは、この柔軟を行うタイミングが左右開脚 パート1が終わった後にやるモノなので、そのままの姿勢で、とういうことです。

    <左右開脚パート1の写真>

    左右開脚 ストレッチ 柔軟

    左右開脚 ストレッチ 柔軟

  2. 息を吐きながら、ゆっくりと体を前に倒していきます。手の平を床につけて構いません。自分のできる範囲で、やりましょう。

    前後開脚 ストレッチ 柔軟

    この時、頭ではなく、お腹を床につけるイメージでやってください。始めた頃は体か硬いので、視線が高いままになり、達成感が少ないかもしれません。でも、長い目で見ると、こちらの方が、オススメです!お腹を床につける方が、絶対に効果がありますよ!

  3. 息を全部吐き終わったら、今度は、息を吸いながら、体を起こします。ゆっくりと、ゆっくりと、息を吸いながら、体を起こしてください。体を、完全に起こしきったら、その場で、ゆっくりと呼吸をしましょう。これは、バランス呼吸とは、言えませんが、やってみた経験では、ここで呼吸をした方が、うまく行くようです。

    前後開脚 ストレッチ 柔軟

    (バランス呼吸とは、左右や前後など対称となる部分のストレッチをする場合、片方を終えたら、すぐに逆側のストレッチをするのではなく、いちど楽な姿勢で呼吸を数回繰り返すことを言います。

    【例】左右開脚

    まず、左側に体を倒しながら、ゆったりと息を吐きます。そして、体を起こしながら、ゆったりと息を吸います。その後、すぐに右側のストレッチをするのではなく、体を起こした状態でゆったりと呼吸を数回します。これが、「バランス呼吸」であり、ストレッチを効果的にするためのコツです。)

  4. 1から3までを数回繰り返します。

コンテンツ一覧

ストレッチの方法

  1. 股関節と背中のストレッチ
  2. 股関節と太腿の側面・裏のストレッチ
  3. 簡単な前屈ストレッチ
  4. 肩と首のストレッチ
  5. 手、腕、肩のストレッチ
  6. 太ももの前面のストレッチ
  7. 前屈ストレッチ
  8. 太ももの前面ストレッチパート2
  9. 股関節の前部分のストレッチ
  10. 全身をひねるストレッチ
  11. 左右開脚ストレッチ
  12. 左右開脚ストレッチ2
  13. 前後開脚

ストレッチの基本

↑このページの上へ